収入証明書がいらないローンなら総量規制の額はバレない?

カードローンでは収入証明書の提出をせずに、本人確認書類のみで申し込みと契約ができるものがたくさんあります。ローンによっては、原則提出しなくてもよいというものもありますし、限度額○○○万円以上なら収入証明書提出というものもあります。
ローンはいくらでも借りられるというものではなく、貸金業者なら総量規制と呼ばれる定められた借入総額に従った額しか借りられません。銀行も厳密に総量規制の額以内で借りないといけない、ということはありませんがそれでも年収を大きく上回った額を借りるということは不可能です。
「でも総量規制は年収の3分の1と決められているのだから、年収が金融機関に分からなければいくらでも借りられるのではないの?」「収入証明書を提出しないローンなら収入が分からないから総量規制の額などにこだわらずに借りられるのではないの?」こう思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
しかし、当たり前ですが年収を申告する欄はあります。そして、会社勤めの方ならどこの会社に勤務していて、どれぐらいの勤続年数だから収入はこれぐらい、と金融機関は大まかに短時間で知るノウハウを持っているのです。これによって金融機関ではスピード審査が可能になっているのです。
つまり、虚偽の収入を申告してもすぐに分かってしまいますし、たとえ収入証明書を提出しないローンでも当然金融機関はその収入の裏付けをとります。それができない自営業の方なら、必ず収入証明書を提出することになっているローンがほとんどでしょう。
年収がバレなければいくらでも借りられる、こんな考えは絶対に持たないほうがよいでしょう。キチンと記入していないことで「信用できない人物だから貸し付けはできない。」と判断されてしまっても、文句も言えないのではないでしょうか。

夫の収入でキャッシングはできる?

専業主婦が消費者金融からキャッシングをすることはできません。
厳密に言えば貸金業法では夫である配偶者の収入を審査の対象とする配偶者貸付を認めているためできないことではありませんが、実際に消費者金融で配偶者貸付が行われている業者は数少なく、大手消費者金融ではそれがありません。
実質、消費者金融では専業主婦は借り入れができないと考えた方がよいでしょう。
それでは専業主婦の名義で借り入れをすることはできないのでしょうか。
銀行カードローンであればいくつか大手でも配偶者貸付を行っているところがあります。
住宅ローンなど今後の債務を考えて、大黒柱の名義を使いたくはないというときもあるでしょう。
そんなときには配偶者貸付を探してみましょう。